Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから

 今日で5月も終わり。

 最後の課題を、さっき提出した。なんだか寂しい。
 これからどうしよう。
 こんな状態で、さあ独り立ちしろと言われても困ってしまう。

 クラスメイトとも話しているけれど、最初の仕事というのをどうやって手に入れるか、それがいちばん難しいんだな。英語ならまだしも、中国語だしね。

 まずは、色んなジャンルの映像を見て、字幕をノートに書き写そうか。
 これを先生は「写経」と呼んでらっしゃった。



 がんばろう。

スポンサーサイト

おんどさ

 5月末。
 すぐに夏の到来である。

 つまり、ものすごく狭いメゾネットに住む身としては、上の階と下の階の異常とも思える温度差に恐怖することになるのだ。

 猫たちは、私が部屋にいる限り私のそばを離れようとしない。すると、汗を流しながら2階でがんばれば、猫たちも否応なく灼熱地獄(ちと大げさか)で時を過ごすことになる。かと言って、節電を声高く訴える世情もあり、自身の手元不如意という現実もあり、ずっと冷房をかけておくこともできない。

 しかたがないので、なるべく下の階にいようと心がけるのだが、固い椅子があるだけでどうも落ち着かない。
 嗚呼、ソファがほしい。でも、置くスペースなどどこにもない。

 今度は絶対にメゾネットには住まないぞ。こういう部屋は、100平米くらいあるからこそ楽しいのだ。こんなに狭くては、ただ階段を行き来する手間と危険を無駄に持っているだけだ。

 その前に、断捨離を決行したわりにはまだまだ多い荷物に問題があるのだろうか。
 とりあえず、服を捨て本を売ろう。 

こうりつか

 今週分の課題を、無事にメールで提出した。
 いつものことながら、送信ボタンを押すのが怖い。
 何度も見直した内容を、しつこく確認したりする。

 どんなに自信があっても、授業でめった斬りにあってしまうの。しくしく。
 あんなにはっきり意見してもらえると、ほんとうにありがたい。
 先生は有名な字幕翻訳者さんです。

 ちなみに、私が翻訳するのは中国語。
 英語、韓国語に次ぐ需要があるとは言え、狭い業界には違いない。もしかしたら、新しい人材など必要としていないかもしれない。新人が参入するのはとても難しいと思う。
 映画・ドラマ・ドキュメンタリーなどすべてを含めても、ベテランの翻訳者さんが5人もいれば、事足りるのでは?と言う人も。

 しかも、まだ修業中の身だから仕方がないとは言え、1分の映像に1時間もかけていることが判明。
 こんなんじゃ仕事になりません。

 効率化、効率化……。
 いちばんの効率化は、やっぱり地道な勉強かな。

 どんなことでも、結局そうだよね。

くらいうみ

 仕事は忙しくないので、18時には家に帰れる。
 月~木の夜は、ひたすら字幕翻訳の宿題にうちこむ。
 授業も終盤にさしかかると、厳しい現実が見えてくる。たかだか数ヶ月学んだだけでは、お話にならない世界なのだ。
 一度漕ぎだしたのだから、もう進むしかない。
 どんなことでも同じ。
 はじまりはいつだって、暗くて底の見えない海を漂っている。

 今週分は、さっき終わってしまった。
 少しは作業が早くなっているのだろうか。そうであれば、とてもうれしい。
 明日もう一度見直しをしよう。
 自分の訳を客観的に見るのは難しい。ずっと後で、「なんだこりゃ」ってうなだれることがよくある。

 冷静に、冷静に、驕らず卑下せず、自分自身を見つめたい。

ふしぎ

 今年の抱負は「やりたいことをやる」。

 だから映像翻訳の勉強をはじめた。
 キャットシッターも映像翻訳も、別にいきなり思い立ったわけではない。
 数年越しの計画を経ているわけなのに、なぜか今年同時に進行させている。
 後先を考えているようで、行動はハチャメチャなのであった。

 「二足のわらじは、しょせん二足のわらじよ」と言われ、落ち込んだり。
 「机にだけ向かっている人に、いい翻訳はできない」ということばに胸躍らせたり。

 私は甘いのかもしれないし、無謀なのかもしれないけれど、一度やってみたいと思ったことはやってみたらいいんじゃないかな。
 人生は一度きりなんだから。

 金環日食を見た。
 次は300年後なんだって。人生は儚いなあ。生きるって不思議なことね。

した

 テレビで舌診断というのをやっていて、どれどれと己の舌を見る。
 なんと……健康診断では「健康優良児」と太鼓判を押される私が、あらゆる問題に引っかかる引っかかる。

 まず、どう考えても胃腸の調子が悪いみたい。
 確かに、いつもあんまりお腹が減らないし、消化も遅い。
 たまにキリキリと痛んだりもする。
 それでも、一日3食を守って一生懸命食べていた。
 つまり、まだ胃の中に消化されていない食材があるのに、さらに流し込む、と。
 だから太るわけなんだね。

 胃を休めるために、1~2食抜いてみたり、昨日からお粥と豆腐と、とろろ蕎麦くらいしか食べていない。
 今日の夕飯は卵豆腐とバナナ、アロエヨーグルト、はちみつをひと匙。
 でも、全然お腹が減らないの。

 学生時代は毎日胃薬を飲んでいたから、そのころよりマシになったんだろうけど、少しは自分の体の声も聞かなきゃな~、と反省。

 薬用養命酒を飲もうかしら、と思案中……。

 みなさまも舌診断、オススメです。毎日簡単にできますよ。

とちぎ

 待ちに待ったゴールデンウィークが到来。
 関東でひとり暮らしして長いけれど、いつも横浜方面にばっかり移動するので、北に向かうのは初めて!
 埼玉を通り抜け、栃木県におじゃまする。
 電車を乗り間違えて群馬に行ってしまい、現地集合の友人に迷惑をかけてしまう。
 間違えなければ、30分以上は早く到着する予定だったので悔しいやら情けないやら、もう泣きそうになってしまった。
 朝っぱらから、東京・埼玉・茨城・群馬・栃木と1都4県をめぐる大移動なのである。

 おまけに、友人への開業祝いも忘れてしまうという不甲斐なさ、嗚呼、申し訳ございません。
 こんな私の友人ですが、とってもしっかりしたステキな女性です。
キャットシッターつきのはし
 「キャットシッターつきのはし」
 栃木県のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。


 気持ちを切り替えて、益子陶器市をぞんぶんに楽しむワタシたち。
 記録的な豪雨の中、精力的に歩く歩く。
 友人が晴れ女のおかげで、外に出るとちょっぴり小降りになった気がした。すごいぞ!
 残念ながら、テントの店は閉まっているところも多かったけれど、それでもすごい数の陶器や雑貨が所狭しと並んでいる。
 すばらしい、益子。すばらしい、栃木。

 猫グッズも、益子焼も、雑貨も、ほんとうに欲しいものがたくさん。
 ほとんど現金を持ち歩いていないので、2つだけ購入した。

 LIVING STONEさんの陶器。
 きれいなブルーと、個性的な柄に一目惚れでした。






 その後、友人のお宅に招かれて4匹のにゃんことご対面。
 女性陣は肝っ玉がすわっており、最初から近づいてきてくれたけれど、男の子たちとは最後まで触れ合えませんでした。
 早く帰ってほしい、と願う切実な彼ら。

「カ・エ・レ……」
 長居をしてしまってごめんね。


 おもしろかった。
 おつきあいいただいた2名様、ほんとうにありがとうございました。

«  | ホーム |  »

« | 2012-05 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

二文字屋

Author:二文字屋
二文字屋(にもんじや/nimo)
大阪出身
東京在住
キャットシッターを目指し、2匹の先生と同居中。
じゃまされながら翻訳の勉強をはじめ、なんとかプロに。
手づくり大好き。刺繍教室に通う予定。

愛濃(めのう)愛称:めの
半長毛三毛
2007年5月17日生まれ(と、勝手に決める)
兄弟たちと一緒に捨てられたところを
心優しきボランティアさんに保護され、
縁あって一緒に暮らしてもらえるようになる。
三毛の習性か、気が強くて賢い!

千代乃介(ちよのすけ)愛称:ちよ
シャルトリュー
2007年6月6日生まれ
蝶よ花よと育てられた秘蔵っ子。
お坊ちゃま気質なのか、のほほんとしており
とっても優しい。

****************
日日・・・にちにち。日々のこと。
花猫風月・・・かびょうふうげつ。猫のこと。
一編・・・いっぺん。詩のような雑文。
お客さまは猫さまです・・・キャットシッターのこと。
パンダの寝言・・・中国語のこと。
針と糸・・・手づくりのこと。
****************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。